目の下のたるみ治療からくま治療までプロにお任せ│理想美案内所

シワなどの治療

たるみ

クリニックでたるみ治療をする場合にはレーザーや糸や注入などの手術をしてシワなどの治療をすることができます。このような所ではたるみ治療をすると半年から1年の期間の中でもつことができます。このたるみ治療は顔の頬や顎などの部分のしわをなくすことができます。

加齢による黒くまを解消

クマ

黒い影による目の下のくまは、黒くまと呼ばれています。黒くまは加齢により、目の周囲の筋肉や肌がたるむことが原因です。筋肉や肌のたるみを改善するためには、コラーゲンを摂取すること、新陳代謝を活性化すること、表情筋を鍛えることが有効です。

自分に合った術式で治せる

目は顔の中でも印象深いパーツです。目の下のたるみをバッチリ治療する方法があるのでランキングサイトで見つけましょう。

脱脂リポ法が今後は普及

女性

現在は目の下のたるみ治療の術式も複数あり、症状に応じた施術が可能となりつつあります。中でも普及しつつある術式が脱脂リポ法であり、今後さらに多くの美容整形が取り入れる可能性があります。脱脂リポ法はクリニックよって呼び方が異なることもありますが、基本的には経結膜脱脂法によって摘出した眼窩脂肪を目の下に注入することで自然な膨らみを作ることを目的としています。経結膜脱脂法で眼窩脂肪のせり出しを除去して、たるみを解消することができても、これだけでは目の下の凹凸が全て解消されずに、たるみが残ってクマを作るケースがよくあります。そこで摘出した眼窩脂肪を、目の下に注入することで、たるみを完全に解消してクマも見えなくします。最も最新のたるみ治療の1つが、この脱脂リポ法であり、今後のさらなる普及が待たれています。

持続期間に気をつける

経結膜脱脂法や脱脂リポ法、ヒアルロン酸注射など、目の下のたるみを取る治療の方法は様々であり、どの治療を用いるかはクリニックの意向と患者の希望との折衝の結果となります。治療において事前に知っておきたい注意点として、施術後の持続効果があります。全ての施術が1度受ければ、永続的に効果が継続する訳ではありません。中には持続効果が数年と想定される治療法もあり、それは医師の技術が悪い訳でもなく、現代の医療技術では仕方の無い点です。一例を挙げると、ヒアルロン酸注射は比較的軽度の目の下のたるみ解消に役立ちますが、料金の安さやダウンタイムの短さと引き換えに効果が2、3年で失われる点に注意する必要があります。切らないリフトアップ施術もやはり持続期間が存在しているので、施術を受ける前に十分医師の説明を理解しておくように気をつけておきます。

美容外科手術の実態

たるみ

目の下の皮膚にメスを入れる脱脂法、真皮の細胞を活性化しコラーゲンを増やすレーザー治療、目の下のたるみ取りにはどちらを選ぶのが良いのでしょうか。外科的な手術と聞くと怖い気がしますが、術式も安全で確実なものへと進化しています。